小学校受験をするメリット

少子化に伴い、子供の教育について、親御さんの意識も高まっている中、小学校受験をすることで、どのようなメリットを得ることができるのかをあらかじめ知っておかれることをおすすめしておきます。それは、小学校で受験をしておくことで、その後一貫してエスカレーター式に中学校、それから高等学校というように進学をすることができるということが最大のメリットになるでしょう。親御さんからすれば、気持ち的にもずいぶん違うと思われます。また、お子さんには、どのようなメリットがあるのかというと、公立の学校に比べてみると、規則や校則が割と自由だという面があります。そのため、自分を知ってもらえる、また個性を伸ばしていくことができる、それから学校独自の教育方針などがあるため、のびのびとした学校生活を送ることができるというメリットがあります。小学校受験には、このようなメリットがあることを知っておいてください。

小学校受験は、服装や実技が大変です。

小学校受験する際は、学校に合わせたスタイルがありますのでそれを着用しないといけない感じがします。それが間に合わない時は、目立たないように工夫することが重要になります。本場までに模擬試験をすることが出来ますし、徹夜をしてまで問題を整えていかないといけないです。頭に入れながら忘れないようにします。特に難しいのは、演技力かもしれないです。しっかりと対応出来るかなどを、敬語が伝わるようにしないといけないですし、両親にも質問されることがありますが、悩まずに回答出来るようにすることが大切になります。通常は三人もしくは、二人で出席することがありますし緊張することもありますが、本場までに何回でもやり直しが出来ますのでしっかりと集中しながら行うことがポイントになります。わからない問題は、飛ばすほうが良いかもしれないです。

小学校受験の機会均等

義務教育である小学校・中学校は普通に市町村立に通うものだと思っていましたが、近年では「お受験」という名の小学校受験をされるご家庭が増えてきたとの事です。国立や私立の小学校では、勉強のレベルが違うのでしょうか、一学年か二学年先の内容を勉強しているのでしょうか、そして、公立であれば無料のはずの学費は幾ら位なのでしょうか、国内の市立小学校入学を希望する園児に均等に機会が与えられるほど全国に学校数が充実しているのでしょうか、様々な条件を鑑みた時、やはり地域格差や親の収入の格差が問題になり、決して均等な機会が与えられているとは言い難いのが現状です。そしてそれは受ける教育のレベルの差となり、次世代への更なる格差拡大の一つの要因になっています。少なくとも中学校までの義務教育期間は誰しもが平等に望む教育を受けることが出来る様、しっかりとした指針を作って欲しいと考えます。